管理人とHSP書店について

 

初めまして、当ブログを閲覧いただきありがとうございます。

管理人の舘 優弥(タチ ユウヤ)と言います。

 

この記事では「管理人タチ」と「HSP書店」について紹介したいと思います。

 

もしお時間があれば最後まで読んでいただけると嬉しいです。

よろしくお願いします。

 

管理人について※2021年4月現在

管理人タチのプロフィール

名前:舘 優弥(タチ ユウヤ)

生年月日:1996年4月8日

出身地:名古屋市

経歴:中京大学・総合政策学部卒

性格:真面目・繊細・神経質・ビビり

趣味:読書・筋トレ・海外旅行

人生のモットー:どんな黄金を持ってしても自由を売ってはならない

 

管理人タチのHSP診断結果

出典:HSP診断

※HSP診断は誰でも無料でできます。
HSP診断テスト – 選ぶだけの簡単セルフチェック

 

診断結果とプロフィールの性格(真面目・繊細・神経質・ビビり)からもわかるように強度のHSPです。

 

※HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)の概念について知りたい方はこちらの記事で説明しているので、合わせて読んでみてください。

【HSPって何?】HSPの基礎知識について4項目から説明します 「まわりの人が気にしないような小さなことが気になってつらい・・・」 「相手の気持ちもちょっとした違和感も、すごく感じてしま...

 

 

ちなみに過去を振り返って「これはHSPだな」と思う体験もいくつかありました。

【HSPだと思う体験】

○小学生

・少し太ってたので、友だちから「ぽっちゃり」とか「デブ」と言われるだけで、すごく傷ついた。※現在は痩せましたが、今でも太ることへの恐怖心がとても強いです。

・少年野球チームの体験に行き、あまりに元気な小学生の声に驚き(というかびっくりして怖くなり)グラウンドで大泣きした。

○中学生

・野球部の監督が怖すぎて、5秒に1回くらい顔色を伺ってた。

○高校生

・高校の野球部でも5秒に1回くらい監督の顔色を伺っていた。

・野球部の試合が嫌いすぎた。ミスをすると怒られるので、試合に出ると極度の緊張で体がガチガチだった。練習でできることが試合じゃできなくなることが多かった。

○大学生

・ゼミで学年の代表になったが、うまくまとめられず、自分の不甲斐なさに落ち込んで2か月ほど抑うつ状態になってしまった。

・就活を終えた大学4年の秋頃、授業もほとんどなく暇な時間が増えたことが、逆に不安となって不眠症になってしまった。
(半年後には社会人なのに、こんなのんびりな生活で大丈夫なのか自分みたいな・・・)

○社会人

・新入社員の頃、飲み会がたくさんありすぎて精神的に疲弊した。平日は自分1人でゆっくりくつろげるプライベートな時間がなくてしんどかった。

・営業でお客さんに気をつかう生活に、毎日過度な刺激を受けていた。⇒不眠症再発。

 

こんな感じで振り返ってみると、わりと生きづらい学生生活や社会人生活を送ってました。

近況の生活※2021年4月現在

 

2020年9月までは、大手食品メーカーの販売子会社で営業マンとして働いていました。

ただ、「精神保健福祉士」になりたいという目標が見つかり、現在は一度学生に戻って、資格取得のため専門学校で勉強しています。

プライベートの時間は、当ブログの記事を書いたり、ジムで筋トレしたり、ダラダラYouTubeみたり「ひとり時間」を極めています。

コロナが終息したら、海外1人旅も好きなのでまた行きたいです(いつかヨーロッパ周遊してみたい…)。

あとたまに、数少ない友だちとごはん行ったり遊んだりしてます。

今はこんな感じの生活です。

 

HSP書店について

当ブログは

「HSP本の書評&要約まとめブログ」

です。

管理人タチもHSPとしてこれまで生きづらさをたくさん抱えて生活していました。

ただ、HSPという概念を知りそれに関する書籍を読んだことで、すごく心が軽くなり救われた気持ちになりました。

なので、同じような悩みを抱えている人に届けばいいなという想いで、日々書評&要約まとめ記事を書いています。

ブログ理念

 

これが当ブログの理念です。

 

具体的には

・HSP気質を受け入れ自分のことが好きになる

・自分の繊細さを良い方向に活かす術が身につく

・社会生活で気持ちよく生きられるようになる

当ブログがきっかけでHSP本を読んでいただき、最終的にこのような気持ちになっていただけることを目指します。

 

ブログミッション

 

このミッションは、HSPである管理人タチの実体験から生まれたものです。

 

メディアでの取り上げがきっかけとなり、ここ数年でHSPの認知度が高まっています。

実際の書店でも、数多くのHSP本が並んでいるはずです。

種類が豊富なのはすばらしいことですが、書籍選びがHSPの人にとっては過度な刺激となり、負担となっているのではないかと僕は感じています。
(もちろんどのHSP本もとてもすてきな内容ばかりです)

実体験として、僕は初めてHSP書籍を本屋さんへ買いに行こうとしたとき、予想以上の種類の多さに

「え、どのHSP本を読んだら自分にとっていいんだろ・・・」

このように悩み込んで、結局1時間近く迷い何も買わないで疲れだけ溜まって帰ってしまいました。(僕の優柔不断な性格も問題としてありますが・・・)

 

ただ、手に取って読んでいただくと、どのHSP書籍も本当に役立つ内容で有益な情報ばかりなので、HSPの人がこれまで以上に心豊かな人生が送れると確信しています。

 

なので、当ブログでは【書評&要約まとめ記事】を通して、

「繊細さからくる生きづらさを解消したいけど、どのHSP本を読めばいいのかわからない・・・」

このような「繊細な人たちを最適なHSP本へとつなぐことをミッション」として記事を書いていきます。

 

発信コンテンツ

【メインコンテンツ:HSP書籍の紹介】

週に1~2冊ペースでHSP本の【書評&要約まとめ記事】を更新します

【サブコンテンツ:管理人のつぶやき】

実体験ベースで管理人タチが、HSP本の知識をどのように活かしたのか行動のヒントとなりそうなお役に立ち情報を発信します

 

提供価値

上記の発信コンテンツから3つの価値を提供します。

①HSP本選びの負担をなくす

②いつどこでも自分の悩みに合わせたHSP書籍が見つかる

③HSP本を読んだあとの行動のヒントがわかる

 

社会的意義

イメージはこのような感じです。

 

ミッションステートメントでも説明しましたが

「HSP本とHSP当事者をスムーズにつなぐ架け橋になる

そうなることを目標に、上記図のような社会の中で必要とされるブログにしていきます。

 

最後に

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

上記の内容で、管理人タチや当ブログに共感していただけましたら、ぜひ一度HSP本の【書評&要約まとめ記事】を読んでみてください。

僕自身も強度のHSPなので、同じような悩みを共有しながら、当ブログを通して一緒にステキな「HSPライフ」を作っていきましょう!

 

ではまた、別の記事でお会いできるのを楽しみにしています!

 

HSP書評ページへ移動